「埼玉県迷惑行為防止条例」一部改正(案)パブリックコメント

「埼玉県迷惑行為防止条例」の一部改正(案)パブリックコメント(意見募集)の実施について

 
「埼玉県迷惑行為防止条例」一部改正(案)について、下記のとおりご意見を募集いたします。
※募集はしめきりました。

募集期間

令和2年8月21日(金)~令和2年9月20日(日) (当日消印有効)
※募集はしめきりました。

ご意見の提出方法

記載事項

個人でご提出いただく場合
住所、氏名、年齢、電話番号、ご意見
法人、その他の団体でご提出いただく場合
主たる事務所の所在地、名称、代表者の氏名、ご意見

※書式は自由です。

提出方法

郵便、FAX、メールのいずれかでの方法で提出してください。電話等による口頭でのご意見はお受けできませんので、ご了承願います。

郵便の場合
〒330-0063 さいたま市浦和区高砂3-15-1 埼玉県議会無所属県民会議 パブリックコメント担当宛
FAXの場合
番号 048-822-9136
メールの場合
このページ最下部のフォームから送信できます

ご意見の取扱い

  1. いただいたご意見を考慮して、「埼玉県迷惑行為防止条例」の一部改正を行います。
  2. 個々のご意見に対する個別回答や提出いただいた書類等の返却はいたしません。
  3. いただきました個人情報につきましては、「埼玉県迷惑行為防止条例」一部改正(案)の策定のみ使用し、使用目的以外での利用はいたしません。

問い合わせ先

〒330-0063 さいたま市浦和区高砂3-15-1 
埼玉県議会無所属県民会議 パブリックコメント担当
電話番号 048-822-9134
FAX番号 048-822-9136
メールアドレス public-comment@kenminkaigi.com

「埼玉県迷惑行為防止条例」の一部改正(案)について

Ⅰ 条例改正の背景と目的

近年、スマートフォンの普及や技術の進歩により、高性能で小型のカメラやカメラ機能を搭載した機器が普及し、公共の場所や公共の乗物以外の場所における盗撮行為が多発し、被害者が増大しています。
現行の迷惑行為防止条例では規制の対象になってない空間が多いことから盗撮の規制範囲を拡大することが求められています。
こうした現状を踏まえ、「無所属県民会議・埼玉県迷惑行為防止条例改正プロジェクトチーム」を立ち上げ条例改正に向けて検討を重ねてまいりました。
主な改正点として、現行の他、不特定または多数の人が入れ替わり立ち替わり利用する場所・乗物などを新たな規制対象場所とします。
規制範囲を拡げる事により「盗撮」行為と被害者を減らすことにより安全安心の埼玉県を構築してまいります。

Ⅱ 条例の概要

1 目的

卑わいな行為として盗撮行為を規制する場所等を拡大し、罰則を強化するとともに、不当な客引行為等の禁止に関する規定を見直すことを目的とします。

2 規制の内容

(1) 目的規定の表現を修正

「県民生活」→「県民及び滞在者の生活」

(2) 盗撮行為の規制する場所等の拡大

従来「公共の場所又は乗物」に限定していたところ、以下の場所等に拡大と写真機を設置すること。

  • ア 住居、便所、浴場、更衣室その他、人が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいるような場所
  • イ 公共の場所、公共の乗物、教室、事務所、タクシーその他不特定又は多数の者が出入りし、又は利用するような場所又は乗物

(3) 不当な客引行為等の禁止に関する規定の見直し

「異性の客をもてなし」→「客をもてなし」

(4)卑わいな行為に関する罰則の強化

「6月以下の懲役又は50万円以下の罰金」              
→「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」
常習の場合「2年以下の懲役又は100万円以下の罰金」

3 施行期日等

(1)施行日
周知期間を経て施行。
(2)経過措置
この条例の施行前にした行為に対する罰則の適用については、なお従前の例による